乾燥肌・炎症を見直す予防の為の基礎化粧品の選び方

目次

洗顔でガサガサしたり、炎症を起こすなら洗顔料の選び方から見直そう

洗顔で肌が所どころリンゴ肌のように赤くなったり、ガサガサして突っ張ったりザラザラ肌になって化粧ノリが悪いなら、あなたの基礎化粧品選びを一度根本から見直してみる必要がありそうです。

洗顔料は、とにかく綺麗サッパリ汚れを落としてくれる洗浄力の強いものではなく、化粧汚れはサッと落としながらしっかりと肌にうるおいを残してくれるものでなければなりません。

安価な科学合成物質の洗浄成分は洗浄力が強くいので、アミノ酸系のものや天然の植物由来の洗浄成分配合のものを選びましょう。

いつもドラッグストアで手頃のものを選んで使っていた方には、少し価格が高くてハードルが高い気もするかもしれませんが、乾燥肌は老化の大敵です。
5年後、10年後に周りの同級生より老け込んで焦る前に、毎日のケアでコツコツと老化予防したほうが結果的には色々な意味で特かもしれませんよ!

特に、メイクを落とすクレンジングは洗浄力が強いので肌にダメージを与えます。
美容効果の高いものを選びましょう。
優しい洗浄力で肌にうるおいを保ってくれるクレンジングがおすすめです。
→http://cleansing-beauty.org/

洗顔料が自分の肌に合っているかどうかは、洗顔直後の肌がカサカサしたり突っ張ったりしないことが目安です。
良い洗顔料はクレンジングも石鹸もうるおいを残してくれるので、洗い上がりの肌の状態で実感できます。

スキンケアコスメの引き算という発想も大事。

年齢を重ねるとスキンケアも引き算したほうが良いと言われます。
え?スキンケアを引き算するってどういう事?スキンケアの使用量を減らすの?なんて思ってしまいますよね。

ここで言うスキンケアの引き算とは、余計なスキンケアコスメを使わずに必要最低限の化粧品でケアをして、肌本来の代謝を高めたりして土台作りをする事を言います。


つまり、化粧品の力を借りなくても健康的で美しい肌を手に入れる為の考え方ということです。

あれこれ評判のよいスキンケアアイテムを購入しては使いきらないうちに買い換えしてしまって、次から次へとケアしていてはあまり意味が無いというか、それよりもシンプルにケアしたほうが効果的ということです。

シンプルにする時にはずしていはいけないのが、化粧落とし、洗顔料、化粧水、乳液です。ここさえ抑えておけば、そんなに問題はありません。
後は個人差があるので、目元のしわやクマが気になるのであれば、アイクリームなどを使用しても良いですし、基本的には上記の4つのケアで週末はローションパックを加えるなど、基本プラス気になる部分のケアが最も最適と言えます。

また、若い頃からずっと同じスキンケアコスメを使っている場合、年齢を重ねることによって肌質が変化している可能性がありますから、一度エステなどでスキンケアチェックをしてもらうと今のお肌の状態がわかり、どんなスキンケアコスメが今の自分に必要なのかを再確認することができ、シンプルで最適なスキンケアコスメに出会うことができます。

保湿化粧品はバリア機能を高めるものを!

洗顔でしっかり潤っても、保湿はたっぷり与えましょう。

特に夜のお手入れは朝よりもたっぷり保湿するのが一つのカギです。

また、数ある美容成分の中でも、乾燥しにくい肌。老化しにくい肌を作るのに欠かせない美容成分の一つがセラミドです。

セラミドは高級美容成分として知られていますが、最近では手の届く化粧品に配合されるようになって来ました。

バリア機能を高める成分として知られ、コラーゲンやビタミンCやプラセンタエキスなどとは違った働きをしますから、セラミドは別物として積極的に補給したいですね。